労働審判・労働問題・残業代未払請求トラブルを早期解決。初回相談無料です。

退職

労働関係を解消して雇用を終了すること。
形態として、合意退職、自動退職、辞職等がある。

合意退職とは、使用者と労働者が合意によって労働契約を解約することを指し、依願退職、勧奨退職、早期退職等がある。合意退職の申し出は使用者から行われることも、労働者から行われることもある。

自動退職とは、労働契約上定められている事由に基づく退職のことで、期限のある労働契約における期間満了による退職、休職期間満了による退職、定年退職等がある。

辞職とは、労働者から一方的に意思表示をして労働契約を終了するもので、使用者の合意は不要。
原則として辞職の意思表示をしてから2週間を経過すれば退職の効果を生じる。

合意退職の申し出であるか、辞職の意思表示であるかが問題になることがあり、労働者の意思、事実関係により判断される。

労働者が確定的に雇用契約を終了させる意思が明らかである場合は、辞職の意思表示であると考えられる。

今すぐご連絡ください ご相談の流れを見てみる ご相談フォームはこちら 無料小冊子ダウンロード
Copyright © 2010-2018 労働審判・労働問題・残業代未払請求トラブルを早期解決 All Rights Reserved. プライバシーポリシー