労働審判・労働問題・残業代未払請求トラブルを早期解決。初回相談無料です。

退職願いと承諾書

report_title.gif

勤務態度不良で周囲とも折り合いが良くない従業員から、経営者であるあなたに退職の申出があったとします。このようなとき、あなたは、どうしますか?

もしかしたら、お互い口約束のままで、「じゃあ、○月○日に退職ということで宜しく」という程度で済ませてはいないでしょうか。

このような場合、退職の申出から数日後に、その従業員から「やっぱり退職はしない」と言われたらどうなるでしょうか。

あなたとしては、勤務態度の悪い従業員がせっかく退職すると言ってくれたのですから、退職させたいところでしょう。「いったん退職すると言ったのだから、撤回は認められない」と言いたいところでもあるでしょう。

しかし、退職の申出があったとしても、それを雇主が承諾する前、あるいは、退職の申出から一定期間(通常は2週間です)が経過する前は、従業員は、退職の申出を撤回できるのです。

shoshiki01.png
したがって、「やっぱり退職はしない」と言われた場合には、少なくとも、雇主から退職の主張をすることはできないことになります。

このような事態を防ぐためには、退職の申出があったらすぐにそれを承諾してしまうことです。
かつ、申出と承諾を書面で行うとよいでしょう。

当HPでは、退職願いと承諾書の書式をご用意しています。下記申込フォームより無料でダウンロードできますのでご活用ください。(なお、事案によってそのまま利用できない場合もありますので、ご注意下さい。)

無料小冊子&書式集「経営者が会社を守る 労働問題基礎知識」
メールアドレス  




書式集をお申込みいただいた方には、すぐに返信メールにてダウンロードURLをお届けいたします。
すぐに届かなければ、メールアドレスが間違っている可能性があります。再度ご請求ください。
また、その後も何回かにわたり、メールにて労働問題解決に役立つ情報をお届け致します。

今すぐご連絡ください ご相談の流れを見てみる ご相談フォームはこちら 無料小冊子ダウンロード
Copyright © 2010-2018 労働審判・労働問題・残業代未払請求トラブルを早期解決 All Rights Reserved. プライバシーポリシー